会社概要

  • HOME
  • > 会社概要

会社概要


社長あいさつ

代表取締役 有馬 洋

お客様の役に立つ為、地域社会に貢献する為に!

当社は終戦時、郷土復興のために高圧ガスが必要だという理由で設立いたしました。
産業ガス・医療ガス・LPガス等、各種ガスの供給販売、また関連する機器販売を通じて、お客様に安全と安心をお届けし徹底してお客様の為に尽くして信頼していただけるよう社員一丸となり努力してまいります。
また、社会基盤を支えているという自負と誇りを持ちながら技術力の向上に力をそそぎ、地域社会に貢献する企業として邁進します。


鹿児島酸素 株式会社
代表取締役
代表取締役 有馬 洋


会社概要

 sc3-thumb-100xauto-31700.jpg鹿児島酸素 株式会社
創立年月日 昭和31年2月11日
創業年月日 昭和22年8月1日
資本金 3,500万円 (授権資本1億円)
本社 鹿児島市南栄3丁目26番
Map
代表者 代表取締役 有馬 洋
常勤職員 63名 (非常勤3名)
事業所 本社 : 鹿児島市南栄3丁目26番
大島営業所 : 奄美市名瀬小浜町30番3号
川内営業所 : 薩摩川内市宮里町2464番1号
大隅営業所 : 鹿屋市札元2丁目3817番4号
姶良営業所 : 姶良市加治木町木田5348番355号

役員

取締役会長(非常勤) 山之氏 秀行                            
代表取締役 有馬 洋
常務取締役 大迫 正年
常務取締役 秋丸 親教
常務取締役 大栄 勝
取締役(非常勤) 有川 純一
監査役 有川 政子
監査役 大隣 一也

取引銀行
  • 鹿児島銀行    本店
  • 南日本銀行    卸本町支店
  • 西日本シティ銀行 鹿児島支店
  • 鹿児島信用金庫  本店
事業内容
  1. 酸素ガス・窒素ガス・圧縮空気の製造販売
  2. アセチレンガス・炭酸ガス・液化石油ガス・アルゴンガスの製造及び販売
  3. 水素ガス・フロンガス・医療ガスの販売
  4. その他の高圧ガスの販売及び付帯する業務
  5. 溶接機器・機械工具・電動工具・ガス器具・冷暖房設備機器・給湯設備器具・厨房器具の販売及び
    設備工事の請負
  6. 医療機器類の販売・医療機器のレンタル及び修理業並びに付帯する業務と工事
沿革

昭和22年  8月 1日 鹿児島市塩屋町(現 城南町)に資本金500万円で光南産業株式会社
として設立創業開始
昭和23年  4月 1日 酸素製造、ガラス製造販売
昭和31年  2月11日 鹿児島酸素株式会社創設
昭和35年  3月 光南産業株式会社と合併
昭和46年  3月 鹿児島開発事業団より鹿児島市南栄3丁目26番地 6600㎡購入
昭和47年  9月 医療用吸入酸素の製造許可を厚生省より受ける
昭和47年12月 南栄3丁目にプロパンガス容器検査所を設置し、谷山工場と名称変更
昭和50年  4月 川内営業所開設
昭和51年  8月 窒素ガス充填作業開始
昭和52年12月 出光興産株式会社と提携してプロパンガス充填作業開始
昭和56年10月 大島営業所開設
昭和58年  3月 医療用各種配管工事施工開始
昭和58年  7月 液化炭酸ガス充填製造開始
平成 2年   6月 大隅営業所開設
平成 4年   7月 鹿児島県知事許可 管工事業の許可を取得
平成 7年   2月 財)医療関連サービス振興会より、医療ガス供給設備の保守点検業務及び
在宅酸素療法による酸素供給設備の保守点検業務についてサービスマーク
の認定を受ける
平成13年10月 城南町本社を南栄3丁目に移転し、谷山工場と統合する
平成13年12月 アルゴンガス充填製造開始
平成15年  6月 姶良営業所開設
平成22年10月 医療用酸素19.6MPa充填製造開始

免許・許可
  • 高圧ガス製造許可
  • 高圧ガス販売許可
  • 高圧ガス製造施設
  • 食品添加物製造業
  • 容器検査所登録証
  • 医薬品販売業許可証
  • 医薬品製造業許可証
  • 第二種医薬品製造販売業許可証
  • 医療機器修理業許可証
  • 高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可証
  • 毒物劇物一般販売業
  • 鹿児島県一般建設業管工事業
  • 医療関連サービスマーク
  • 液化石油ガス販売事業
  • 液化石油ガス保安機関事業者
  • 特定液化石油ガス設備工事事業